スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア抑留関係展示会へ行く。 

 長らくブログ放置しててすみません・・・。

 書くようなネタもなく、段々腰が重くなり放置してました。

 本日、みよし市で開催されていた「シベリア抑留関係展示会 抑留体験の労苦を語り継ぐ集い」に参加してまいりましたので、久しぶりにブログを書こうと思いました。

IMG_4618_20150702193630bd3.jpg



 シベリア抑留に関しては、平成18年に開催されている展示会を見て以来の参加です。

「シベリア抑留関係展示会」を観て。

 たまたま、今日は講演会もあるということで、講演も聞いて来ました。

 最初に会長から基調講演ということで抑留が起こった背景などの総体的なお話があり、続いて3名の方の体験談を伺いました。会長の91歳なのにシャンとして声も大きくて頭脳も明晰なのにも驚かされましたが、92歳から95歳の方々が、誰一人席に座ることなく、シャンとして演台でお話されるのにびっくりしました。

 でも、考えてみたら、「奴隷よりひどい」という過酷な抑留生活を生き抜いた方々だから、やはり丈夫なのかも知れませんね。

 4名の方、それぞれに収容された場所が違い、まともに食料もなく、劣悪な環境で働かされ、朝起きたら隣の仲間が冷たくなっていた、という過酷な体験をされた方もいれば、冷暖房が整った収容所で、4年で亡くなったのが500名中4人という方もいて、その方は「シベリア抑留のおかげで人生が変わって、健康に生きれることや周りの人全てに感謝して生きれるようになった」と話されてて、それぞれに背景が違うだけに捉え方も違うのがわかり、それをまとめて協会としてやっていくのは大変だろうな、と感じました。

 4名の方のお話で改めてわかったことは、日本は物資が圧倒的に不足してる中で戦っていたこと。前線に居た兵士たちにはそのおかしさがよくわかっていたこと。ソ連が日露戦争の恨みを晴らさんとばかりに日本の武装解除後に行った虐殺行為は、今中国が盛んに主張している南京大虐殺どころじゃない本当の大虐殺だったこと。満州でラジオから玉音放送が流れるのを聞き、関東軍の司令室に今後の指令をもらいにいったら逃げ出しててもぬけの殻だったこと。戦後遺骨収集に関しての政府の答弁は言葉だけでまともに果たされてないこと。戦争で一番割を食うのは国民だということ・・・。

 でも、最後の質疑応答で、質問に立った男性が

 「今、日本は危険な方向に行こうとしている。9条改正や集団的自衛権など、戦争への道を進もうとしている。私たちはどうしたらいいのだろう?」

 と話し始め、後ろの席の女性2人組(60くらい)が

 「そうよねえ、うちも息子が、長男が戦争にとられるんじゃないかって話してたわよ。安倍さんはとられるような子供が居ないからそういうことが出来るのよ」

 なんて話し始めるので、

 (え?!この会の方向性ってそっちなの?武器がない、守れない、戦争はダメだけでじゃあ外国から攻められたらみんなが抑留者のような体験することになるかもしれないのに?やられるままになるの?!)
 
 と内心オロオロしてたら、会長が「あくまで会の主張ではなく、私個人の考えですが」と前置きした上で、

「日本は今平和だと言ってるが、どこが平和かと思う。北方領土は占領されたままだし、竹島だって韓国に占領されている。北朝鮮に拉致被害者は拉致されて5人の方以外30年も帰ってこれない、尖閣諸島だって日本の領土なのに資源があるとわかった途端中国が自国の領土と主張してきてる、これのどこが平和ですか?

 戦争はダメだけど、平和を守って欲しいと思うけど、じゃあ話し合いで相手が譲ってくれますか?戦後70年経っても北方領土も竹島も返ってこないじゃないですか?ちっとも話し合いは進展しないじゃないですか?

 日本国憲法の前文に”諸国民の公正と信義に信頼して”という言葉がありますが、日本の周辺のどこにそんな国がありますか?」

 と力強く話され、質問した男性も「そんな国ないです。みんな自国の利益が一番大事です」と説得されてるし、後ろのおばさんたちも黙っちゃうしで、内心拍手喝采でした。

 会長は、「憲法を改正するしない、集団的自衛権に賛成反対、どちらでも個人それぞれ考えはあると思うが、私たちは平和が守られることだけを願ってる」とのお返事で、91歳でこの切り返しでそつのない返答に感心しきりでした。

 「戦争は悲惨だ、平和を守ってほしい」という主張になると、左翼の護憲運動に利用される面もあるようで、会長は過去に一度、9条を守る会のような左翼系講演会への打診を受けた際には、「体験談は話すけど、その場で9条をどうこういう話だけは絶対にしないでくれ」と断りを入れたそうです。

 閉会後も、会長は質問者に熱心に話かけられてて、「マスコミの論調をそのまま鵜呑みにしたらいかん。彼らも自分の利益のためにやってるのだから、自分の頭で考えるようにしなさい」と言われてるのを聞き、本当に長生きしていただきたい方だと心から思いました。

 もっと個人的にお話聞きたかったので、入り込む隙間がなかったのは残念でしたが・・・。

 その後、ホールのイベントスペースに丸テーブルと椅子があったので座っていたら、体験者の方が座られて、お話をお聞きすることに。

 20歳で徴兵されて、22歳で抑留され、そこから4年間、「奴隷より酷い」生活をしてきたと。

 ソ連は無料で使える労力が欲しかったし、日本は戦争で負けたから、自分たちは人身御供だったと。

 遺骨収集にしても、補償にしても、言葉だけで進展せぬまま、そして90超えた方々が年々亡くなって行くというのは、体験者の方々が言われるように、戦争で割を食うのは国民なんだなと思わされます。冷たすぎる仕打ちですよね。

 私は日本は誇れる歴史と文化を持っている国だと思ってるけど、近代の政府や軍部の上層部のやり方はそれとは違うんじゃないかな、と改めて感じました。

 いつかまた会長のお話をお伺いしたいと思います。
 

シベリアに 眠りし 友の 帰還待ち 語り繋ぎて 卒寿超えにし
スポンサーサイト

お盆のこと。(その2) 

 義理の家の義弟は東南アジア出身(本人が本国に誇りを持っているので帰化はせず)なのですが、たまにチョロっといい発言をしてくれます。

 私は嫁の立場なので、もっと深く話し合いたいと思っても、他の家族がスルーする以上、突っ込むことも出来ず、内心感心するのみなのですが、今回はこんなことを言ってました。

 「今の日本人はおかしいよ。大人も子供もゲームばかりしてる。外食で店に行っても、店でもゲーム、買い物行ってもゲーム。大人も朝7時に会社来て、携帯見てるから何してるかと思うとゲーム。異常だよ。

 僕が10年前に日本に来た時、みんな電車の中で本を読んでたよ。感心したよ。今はどう?みんな携帯見てる。ほとんどゲームだよ。どうしてこうなった?!」

 ・・・確かに、と内心思いました。

 自分もよく携帯でゲームしているので。

 ネットサーフィンしているだけでも読書の時間は減ってるのですが、プラスゲームもやってると、本当に本をじっくり読むことが少なくなり、その分、語彙が減って、難しいことを考える能力が下がっているのを感じています。

 3S政策とはよく聞く話ですが、このようなネットゲームの普及も、影で日本人を愚民化しようとする思惑が働いているとするなら、見事にハマっているのではないかと感じました。

 義弟は母国でかつての日本人が東南アジアを白人国家の植民地から解放したという教育を受けて尊敬していたそうで、以前にも今の日本人はおかしい、あの頃の日本人の誇りはどこに行ったと問いかけてくれました。

 そういう第三者の目で提言してくれる外国人の意見は傾聴に値すると思います。

 立場が立場なので、いつも踏み込んで聞けず残念なのですが、これを期に、携帯のゲームとは少し距離を置いて、また読書にも向き合いたいと思いました。

お盆のこと。(その1) 

 週末から駆け足で実家にも帰省してきました。

 珍しく親同士の喧嘩を見ることもなく、心穏やかな帰省になりました。

 そして、本当に珍しく、私の帰省に合わせて顔を出した姪っ子が、生まれて初めて実家にお泊りをすると言い出し、単独で泊まって一緒の時間を過ごすことに。

 正直なところ、自分が子供に恵まれないこともあって、子供という存在にどう接していいか戸惑いもあったし、遠距離に住んでいる為、これまで年に数回、数時間上っ面の会話しかしたことがない姪っ子と長時間向き合って、どう過ごしていいか困ったのですが、

 弟の子供の頃のアルバムを見せながら、弟の思い出話を聞かせたり、仏壇の下に仕舞ってあった先祖の写真を見せて、XX家の先祖についての話をしたりして、ふと気づけば他人行儀な枠を外せて、本音トークをすることが出来るようになり、実にお盆らしいお盆を過ごせて、よい想い出とすることが出来ました。

 もう少し大きくなれば、姪っ子も上の学校に行って部活も始まって、祖父母の家にも寄り付かなくなるだろうし、今回のことはいいタイミングで先祖が引き合わせてくれたのかなと感じた帰省でした。


 そして私自身、仏壇の下の写真のことをすっかり忘れていたのですが、今回姪っ子に話すにあたって改めて曽祖父の写真を見て、添えられている勲章が気になり調べてみると、日露戦争の従軍の証と、勲8等(7等?)瑞宝章であることがわかり、こんな内陸の山奥からも日露戦争に出征したのかとしみじみすると共に、曽祖父ってどんな人生を歩んで亡くなったのか知りたいと思いました。
 
takahati.jpg

 でも、もう祖父も祖母もとうに亡くなっており、親は健在だけど聞いたことがないそうで、昔の家もとっくに取り壊され、位牌とこの写真が残るのみ・・・。私が今の姪っ子くらいの年に興味があれば間に合ったと思うのですが、残念でなりません。

 考えてみれば、そんな立派な名士とか社会的に成功した人でなくても、先祖をみれば、地道に一生懸命生きた人もいるだろうし、そんなちょっとした先祖のエピソードを聞くことによって、過去から自分へと続いている血に気づき、誇らしくなったり、自分は何が出来るのか、次の世代にどうバトンタッチ出来るのかを考えるきっかけになるのではないかと思うのです。

 でも、今の時代は、即物的で、同居も面倒だからと別居が殆どで、当然家もどんどん新しく新家が建ち、古いものは壊され、金目のもの、価値があると認められるもの以外は捨てられていきます。

 よっぽど由緒ある家以外は、家という観念自体が前時代的なものとなり、自分の祖先にどんな人がいて、その当時はどんなだったのかを知ることもない。

 そう、自分中心ですごく狭い身内さえ良ければいいという価値観は、すごく寂しいものではないかと感じました。

 もう遅いかも知れないけれど、今からでも、小学校の教育で、「自分の先祖のエピソードを祖父祖母世代に聞く」ということを始められたらいいのになあと思います。

 でも、そういうのって、出自の問題とあいまって、やれ差別だの煩い話になるのでしょうかね?

 適当な先祖が見当たらなければ、地域でもいいと思うけど、子供の立場で、ちょっとでも身近なちょっと誇らしくなる人のエピソードを知るのは、学習意欲の増進にもなると思うし、地域や歴史への興味も沸くいい題材になると思うのですが・・・。


 祖父母の家は、古くて薄暗くて、よくわからないものが沢山で、天皇陛下の写真も含め、写真も沢山ありました。

 でも、父母はその手のものに興味がなかったので、直系のこの曽祖父以降のもの以外は全て捨てられており・・・、30年前にタイムスリップ出来たら、色々他にも何かあったんじゃないかと思うと、本当に残念です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。