スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田必勝氏のお墓参り&ひもの食堂へ行く。 

(*この記事は、以前楽天ブログでやっていた時の過去記事をキャッシュで復元させたものです)

今日は、お世話になってる方の随行で、四日市市へ出かけて来ました。

 昭和45年11月25日に、三島由紀夫とともに陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決した森田必勝氏のお墓参りが目的です。
 
 (参考)

壮絶な自決から36年…憂国の烈士・森田必勝を讃える (東アジア黙示録)


 まずは、森田氏のお兄さん(治氏)が住むご自宅へ。

 
 お墓近くにある治氏のご自宅は、三重県議会議員を6期24年勤めただけあって、とっても立派なお屋敷で、家の北側に造られた枯山水の日本庭園の見事さに感動し、また邸宅内の調度品と観葉植物の数々に驚かされ・・・、初めてご訪問するお宅でなければ、ひとつひとつ由来を伺ってじっくり観たいものがたくさん・・・。

 奥様も実に奥ゆかしく、礼儀正しく、上品な方で、ご丁寧なお心遣いをいただき・・・、松本清張の小説に出てきそうな、しっかりとした”政治家の妻”という感じの方でした。


 事前に検索したとき、治氏に関しては

日朝友好三重県民会議会長は森田必勝の兄

 このような記事も読んでいたので、お会いするまでは、内心どのような方なのかという部分もあったのですが、奥様と同じく穏やかで上品な雰囲気の方で、一時間ほどお話をお伺いしましたが、色々葛藤を抱えながらも乗り越えてこられた芯の強さを感じました。

 (当然というか、随行の身分ですし、初対面ですし、そんな深い突っ込んだ質問も出来ず)



 お話を伺ったあとは、お庭にある必勝氏の胸像と記念碑を拝見。

mori1.jpg


mori2.jpg

 右側が治氏。(必勝氏の16歳年上だそうです。とてもお若く見えます)


mori3.jpg

mori4.jpg

 この胸像は、11年前の没30年の記念に造られたそうで、

mori5.jpg

 奥様のお友達が作って下さったのだそうです。

 「写真を見てつくったから、後頭部は主人の頭の形を参考に作ったのよ^^」

 と奥様が教えてくださいました。



 この記念碑と胸像は、ご自宅の門塀の中にあるので、他人が勝手に入り込んで・・・という訳にはいきません。

 勿論、作る際には、公的な場所、お寺の一角ではどうか?というお話もあったそうです。

 でも、「事件のことは人によっては快く思わない人も居るかもしれない、そんな人にいたずらされたら辛い」という気持ちで、ご自宅での建立となったそうです。



 そのお話を伺った時に、やはり口にはされないけれど、事件のあと、自決した弟の兄という立場で、相当つらいこともあったのだろうなあと感じるものがありました。


 好むと好まざるとに関わらず、片方では熱烈な支持者も訪れるし、このような形での遺族というのは、ぞれをずっと背負っていかねばならないのだから、大変なことだと思います。

 かくいう私たちもその一訪問者であった訳ですが・・・、機会あれば治氏の書かれた回顧録があれば是非読んでみたいと感じました。



 ご自宅をお暇したあとは、お墓へ。(ちなみに場所はこちらです。隣の建築会社を目安に来るといいかも)


mori6.jpg


mori7.jpg


 みなで参拝のち、献詠して、

mori8.jpg


 お墓参りとさせていただきました。



 同行した方々とは違い、私は事件(保守界では義挙というようですが)の記憶もなく、歴史上の出来事で、そういうことがあったという認識ではあるのですが、その時代に真剣に日本の行く末を考えて行動されてた方々がいて・・・、翻って今はどうなのか?と思うと、今の方がずっと混沌としているのに、思想的中心で引っ張るようなカリスマもいないし、熱く燃え滾るような動きもないような気がします。

 今、必勝氏が生きていたら、何を訴えてどう行動するのだろうなあと漠然と感じながら四日市を後にしました。




 帰り道、食事に寄ったひもの食堂。

mori9.jpg


 外見の寂れた場末の食堂って雰囲気からは想像つかない賑やかさで、地元では知る人ぞ知るお店のようです。

mori10.jpg


 このズラリ並んだお魚から、自分の食べたいものを選んでお店の人に渡すと、

mori11.jpg

 お魚代+300円でこんな定食になっちゃいます。

mori12.jpg

 ちょっと振ってある塩が多い気もしたけど、地元の労働者の方や長距離運転手の方々がメインで利用されてるようなので、そういう方々には必要な塩気なのかなあと解釈。

 焼いてもらうときに”塩少な目で”とお願いしたらいいと思います。

 普段食べてるさんまよりずっと大きくて新鮮なものを食べれて、とっても満足しました。

mori13.jpg

 このおでんも気になったけど、量がしっかりあったので、頼まなくて正解だった・・・。

 ちなみにお土産の持ち帰りも出来て、その際はお魚代から50円引いてくれました。

 
 スーパーで買うよりお値打ちだったので、よかったです。

 そうそう、この外見と違って(?)、増築したらしいトイレは、男女別で、とっても綺麗なトイレでした。女の子でも安心してトイレも入れるので大丈夫w

 近くに行かれた際は是非寄ってみてくださいね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。