スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春季祖霊祭に参加する。 

 今日は、お世話になっている山陰神道の春季祖霊祭があったので、出かけてきました。

 世間では”春分の日”ということで祝日、しかも三連休だから、行楽でお出かけの方も多いと思いますが、本来は皇居で皇祖のみたまをお祭する慰霊祭を天皇陛下が行われている日で、それに習って、日本各地多くの神社でも先祖をお祭する行事が執り行われているのだそうです。


 連休による渋滞にハマって、少々遅刻して着くと、久しぶりに先輩のMさんと駐車場でバッタリでビックリw


 境内に作られた祭壇の前で祝詞奏上。

2603261.jpg

2603262.jpg


 事前に申し込まれた人の1名1名の供養したい方々のお名前を手分けして読んでます。

2303213.jpg

 供養の祝詞を数種類奏上したあと、申込書やお札を燃やす祭壇に入れる。

2303214.jpg

 祭主による陰陽師そのものの呪文とか印の結びとかがあって気を入れた後、祭壇に掲げられていた火から火をもらってくべて燃やす。

2603215.jpg

 参列者含め「大祓の詞」を奏上、各自に配られた木の棒に各自の穢れを移して火にくべて終了。

2603216


 昨日の雨と打って変わって晴れたのは良かったけど、風が強くてテントが飛びそうになるし、寒いし大変でした。^^;

 神職さんはもっと大変だったと思いますが。


 途中、映画の陰陽師みたいに、神職さんが呪文唱えたらお宮の上空だけ風が止むとかないのかなー、と密かに期待したけど、それはなかったですw


 でも、参列者がいつもすごく少なくて、ある意味びっくりします。

 年会費も普通(?)だし、慰霊祭の申し込み費用も安いし、祈祷頼んでも普通だし・・・、全然上納金とか言われないし、丁寧に接してくれるし、勧誘しろなんて言われないし、言われるのは家で自分でも祝詞を奏上しなさいってことだけで・・・、なんでこんなに人が居ないのに、維持出来てるんだろう???と。

 申込書は手分けしても長い時間読むくらいなので全国から相当数集まってるから、単に三河まで来れる人が少ないだけなのかな?

 何しろ、会員同士の横の連携とか組織みたいなのもないので、新参者からしたら何回行っても誰が誰なのかもわからないのが面白いです。

 ある意味純粋にお宮さんと会員が1対1で繋がってて、会員も真摯に祝詞を奏上して身を清め、律することで修行になって完結するという、理想的な”宗教”だなあと思います。

 
 私自身は結構宗教には身構えるところがあって、”先祖供養”なんて言葉も胡散臭い、関わったら面倒なことになりそう&お金をたくさん取られそう・・・というマイナスのイメージが多かったけど、今は、自分だって死んだら”先祖”、親だって死んだら”先祖”なんだよなあと、ストンと来て、実際やってても活動を強制されることもないし、お金を寄付させられるようなこともないので、そう身構えて「ヤバイことになりそうだ」レベルの拒否感はなくなりました。


 祝詞もサボることもあるけど、うまく言えると気分がいいし、穢れが祓われる気がしますし、神棚があるとこの家は神様に守られているという安心感も持てます。


 本当は、祝詞も神職さんたちのように奏上できるように、発声法の練習会とかあればいいのになあと思うこともあるけど、さっぱりしてるのがいいところでもあるから、仕方ないのかなあ。

 でも、大祓の詞は、太鼓がつくとすごく迫力あるし、格好いいので、太鼓のテープだけでも作ってくれるといいんだけど・・・。


 まあ、そんなこんなで、何が言いたいのかよくわからないレポになりましたが・・・、心酔して周りを犠牲にするような宗教は毒だと今でも思うけど、自分が今在るのは先祖の積み重ねの”結果”なので、その存在に想いを馳せて感謝することは、今の自分を刹那に生きないためにも大切なことだと今は思います。

 それをどの宗教でやるかはその人の自由だし、合ったものに出会えるのが一番ですが。


 年取ったせいかも知れないけど、外面の物質的豊かさや快楽よりも、内面の知識や見識を深めることで満たしたいなあと思うこの頃です。

 2ちゃんねるも、転載禁止になって、ニュースウォッチも出来なくなったけど、私にとってはタイミングよかったかなと思ってます。

 数少ない、ここを覗いて下さってた方には申し訳ないですが。

 ではでは、全くまとまりませんが、また書きたいことが出来たら書きますね~。


 みなさんも春彼岸、せっかくの機会なので、お墓参り行ったり、先祖を思い出す機会にしてくださいね。

 
 

 
スポンサーサイト

コメント

>arutamikusaさん

> 思い出したんですが、百座行には節をつけて歌う祝詞もあるので、カセットテープがあります。
> その中に大先生の大祓の祝詞も入ってます。

 CD版のを一昨年戴いて我が家にあります。
 大祓詞が、ちょっとそれっぽく唱えられるのは、CD聞いていたせいかもしれません。
 でも、あれ、咳払いとかもそのまま入ってるので、あんまり好きでないんですよね~^^;

 それこそ太鼓つきでクリアな音源で作り直して戴けたらいいなあ・・・、もっといえば、百座行の祝詞だけのヴァージョンも欲しいなあと思うのですが・・・、それこそ、お金かかるし、きっと無理でしょうね^^;

思い出したんですが、百座行には節をつけて歌う祝詞もあるので、カセットテープがあります。
その中に大先生の大祓の祝詞も入ってます。
カセットテープがまだ販売しているかどうかは確認してませんが(-^〇^-)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikawannko.blog.fc2.com/tb.php/468-e58a7b9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。